総合健康情報を届け!症状や疾患の原因・対処法を語るブログ!

弾性ストッキング(圧迫ストッキング)で下肢の血流改善

 

弾性ストッキング(圧迫ストッキング)で下肢の血流改善

 

ふくらはぎというのは以前から「第二の心臓」と言われています。心臓は酸素を多く含んだ血液を全身に送り届けるポンプの役割を果たしています。心臓から送り出された血液は、身体の隅々まで酸素や栄養を届けます。そのあとは、二酸化炭素を多く含んだ血液をまた心臓に戻さなくてはなりません。下半身には全身の血液量の7割もの血液があると言われています。その血液を心臓に戻すには、足の筋肉が収縮や弛緩を繰り返して血管を圧迫し、重力に逆らって、上へ上へと送らなければなりません。この重要な役割を果たすふくらはぎの筋肉を「第二の心臓」と呼んでいるのです。

 

下半身の循環が悪くなると、浮腫みや、冷えや高血圧症の原因にもなりかねません。

 

心臓や高脂血症などの疾患が原因にもなりますが、健康と思われる人も運動不足や長時間の立ち仕事や同じ姿勢でのデスクワークなどによって、下肢の循環不良になってしまうことがあります。そのような生活を送っている人に「弾性ストッキング」がお勧めです。

 

下肢を外から圧迫することで、下肢の血液還流を改善し、血栓などの予防をするものです。筋肉の運動で作用するポンプ機能をストッキング着用で補助してあげるようなものです。この方法の良い所は、ストッキングを購入すれば、毎日簡単に続けることができるということです。

 

しかし、注意点もあります。このストッキングは、誰でも使用してよいものではありません。すでに血行障害や皮膚のトラブル、知覚・神経障害などの病気などのある場合は、状態を悪化させる可能性もあるので、その場合は使用をするべきではありません。また、使用時には、サイズや圧は適したものを選びます。そのためには自己判断せずに、受診したうえで購入した方が望ましいです。装着後は、シワや同じ部位の圧迫で皮膚トラブルはないか、気をつけなくてはなりません。ホントに予防的にという場合は、市販の圧迫ストッキングの方が圧は弱いですが、着用がより簡単で、安価です。ドラッグストアで簡単に入手できます。

 

しかし、圧迫ストッキングや弾性ストッキングを使用したとしても、運動や食事を見直したり、横になった時には、下肢を心臓より高く上げるなどほかの方法も取り入れる方が効果アップです。

 

なごみ美人サプリメントでも簡単にケアができますので、サプリメントにたよるならおすすめです。