総合健康情報を届け!症状や疾患の原因・対処法を語るブログ!

醗酵食品である納豆で、腸内環境を整える

 

醗酵食品である納豆で、腸内環境を整える

 

健康のためにいつも食事のバランスには気をつけています。
その中でもできるだけ積極的に取り入れている食材は、醗酵食品です。
何故かというと、醗酵食品は腸内環境を整えてくれる善玉菌が多く含まれているからです。
腸内に悪玉菌が増えると、便秘や重篤な病気に罹る可能性が高まりますが、その悪玉菌の増殖を防いでくれるのが善玉菌なのです。
ですので善玉菌を増やすためにも、意識して醗酵食品を摂るようにしています。
和食には、醤油や味噌、酢、みりんなど意識しなくても身近に摂れる醗酵食品であふれています。
しかし、調味料だけでは摂取量が少ないので、調味料以外でできるだけたくさん摂るように心がけています。
日本人が手軽で身近な醗酵食品といえば、納豆です。
多くの乳酸菌が酸弱いなか、納豆菌は酸に強いので、胃の中でも死滅せず腸まで届いて悪玉菌の増殖を防ぐ、すごいパワーの持ち主なのです。
さらに腸内で乳酸菌等の善玉菌を増やす働きもあります。
しかも元々納豆には、タンパク質、ビタミンB・E、鉄分、カリウム、マグネシウム、カルシウム、食物繊維といった、たくさんの栄養が含まれています。
そんなすごい食材である納豆は、かき混ぜて味付けすればすぐに食べられる所が便利でいいですね。
薬味だって、ショウガ、大葉、ネギ、ミョウガ、鰹節などその日によって変えたりして楽しむ事もできます。
しかし、中には納豆が苦手な方もいらっしゃると思います。
そんな納豆が苦手な方に、おすすめレシピがあります。

 

作り方(1人分)

  1. 納豆1/2パックアボガド1/4個
  2. アボカドを賽の目状に細かく切ります。食べやすいようにできるだけ納豆の粒の大きさとバランスをとるのがポイントです。
  3. かき混ぜた納豆とアボガドを合わせ、あとは醤油を少したらして混ぜ合わせたら出来上がります。

 

納豆好きな方はもちろん、不思議と納豆のネバネバが気にならないので、納豆が苦手な方にぜひオススメします。
これなら食べられたという方には、納豆シラスチーズトーストや納豆チャーハンもおすすめです。
アボガドより手間がかかりますが、納豆のネバネバが消えて食べやすいですよ。ちなみに納豆菌は熱にも強いそうです。
こうして料理のバリエーションを増やしたりして、できるだけ毎日摂るように心がけています。