総合健康情報を届け!症状や疾患の原因・対処法を語るブログ!

軽い運動で高血圧予防

 

軽い運動で高血圧予防

 

業務において看護師から指摘され

介護の仕事をしており、ご利用者様のバイタルチェックを来所時に確認しています。たまに職員も血圧や体温を測りますが、その時、血圧が高すぎるから気を付けた方がいいと、よく看護師から指摘されました。自分自身は特別、身体的に異常はないかと思っていますが、時折、めまいやふらっする事を話すと、血圧を下げる薬を飲んだ方がいいと、よく言われます。しかし、いままで問題なかったので大丈夫と思って、仕事をしていました。あるとき、めまいがして椅子に座ったことがありました。この時、危ないと思い血圧を気にするようになりました。

 

血圧が高い原因は正確には分かりませんが、現在の生活スタイル(食生活他)を見直すことにしました。特に、ストレスの溜りやすい仕事であり、気を使う事が多い状況にあります。例えば、私の場合、ストレスや昼食が不規則なため、やや太りすぎる傾向があります。仕事では身体を動かしながら日々、忙しくしていましたが、やはり、きちんとした運動をしようと決めました。ますは体操でストレッチを行い、硬くなっている身体をほぐします。そして、歩く事です(ご利用者の中で、1日8,000-10,000歩、歩いている方がいますので、参考として10,000歩を目標としています)。歩行はただ歩くのはキツイです。そこで、仕事が終わりかえる際、自宅の手前の駅で下車して、一駅分歩くようにしています。雨の日や、夜遅くなった時は中止しています。

 

歩くことを継続するコツ

よく歩くようになって良かったことは、仕事の悩み事が軽減されることです。また、体力がついてきて精神的にも強くなった気がします。反対に、反動というか、歩くことでお腹が減るようになり、食べることが楽しみになります。問題はここで食べ過ぎないことです。お腹がすくことは良い事と思いますが、自分なりにセーブする強い気持ちが大切です。
毎日、体重と血圧を図りチェックしています。体重が下がると血圧も下がっている気がします。週に1度、休日の時は、好きなものをお昼に食べるようにししています。
日々の食生活では、夕食を軽めにし体重が増えないような配慮もしています。